二重埋没法メイン画像

目をもっと可愛くしたい。目を大きくしたいという理由で美容クリニックに訪れ、二重まぶたにする方はとても多いです。二重整形手術をする前に、自分がどの二重のタイプかを知ることで、自分に合った二重整形施術を選ぶことができます。

二重の種類

二重治療前:一重まぶたと二重まぶたの印象は大きく異なります。一重まぶたは一般的に細く、元気のない、暗そうなイメージを印象として与えます。二重まぶたにすることで、目を大きくみせ、より女性らしい印象を与えることができます。

■典型的日本人タイプ
埋没法と最も相性の良いのはこのタイプ。横に長く、おとなしそうな印象を持たれがちです。埋没法はまぶたに隠れている目の部分を大きくみせることで好印象を持たれます。
自然な二重まぶたなので、他の人にばれることはほとんどありません。
幅の狭いタイプ:幅の狭いタイプは可憐な印象を与えます。埋没法と目頭切開を組み合わせることで
このタイプの目にすることができます。メイクとの相性もよく、一般的に最も目力が強いと言われます。

■幅の広いタイプ
外国人においのがこのタイプ。施術することで、目と並行に大きなくっきりとした二重を作ることができます。埋没法では下に戻りやすいため、切開法を用いた二重施術がおすすめです。
ネコ目タイプ:大きく丸い目で、ほとんどの目の輪郭がまぶたに隠れていません。丸い目を強調することで、このタイプの方は二重施術よりも、涙袋手術をすることで目力を強調することができます。

■奥二重タイプ
顔の変化に一番気づかれにくいのはこのタイプ。ちょっと違うけど、いつもと違う。そんな印象を与えたい方にお勧め。医院によっては対応していないところもあるので、クリニックで相談する必要あり。

気軽に始められる埋没法とは

二重まぶたにする施術方法は大きく二つ。一つはメスを使わない、切らない埋没法と呼ばれる方法。
もう一つは、実際に目にメスを入れる切開法と呼ばれる方法です。
埋没法はプチ整形とも呼ばれます。実際他の施術に比べ、時間も不安も少なくお手軽にすることができます。
特別な人を用いて事前に決めておいたまぶたのラインに沿って数か所を止めます。

埋没法の種類

露出法

施術の際に使用した糸がまぶたの裏からから見えています。
糸が見えていることから、本サイトでは露出法と呼んでいます。

・メリット
施術が比較的簡単

・デメリット
糸が眼球に触れることで、傷がつく可能性がある
目やにが増え、違和感を感じる

非露出法

施術の際に使用した糸がまぶたの裏から見えていません。
糸が見えないので本サイトでは非露出法と呼んでいます。

・メリット
糸が眼球に触れないので傷つかない

・デメリット
目が上に吊り上げているような感覚がある。
医者の腕によって施術の時間差が大きく変わる。

埋没法のメリット

メリット1:料金が安い

一点止・両目で9000円という非常に安価に手術を受けられる医院もあります。しかし全切開となると、料金は10倍以上の10万円なんてことも。
おこづかい程度で試してみることができます。

メリット2:短時間でできる

カウンセリングや施術を合わせても5時間以内で終えることも可能。ちょっとした連休などに手術を短期間で終えてしまう方が大勢。もちろん、プチ整形と言われても、手術をするので事前のリスクはしっかり聞いておきましょう。

埋没法のデメリット

デメリット1:糸が取れてしまうリスク

メスを使用せずに糸で止めていているということは糸がとれてしまうことがあります。万が一取れてしまったら、また同じ施術をすることをする必要もあります。目を擦りすぎたりすぎないで下さい等、ドクターの注意をよく聞きましょう。

デメリット2:通院が長期化することも

ごくまれにですが多い人によっては3回、4回目の施術という人もいます。
しかし、こちらは信頼できるドクターを探すことでこのリスクを限りなく0%に近づけることもできます。

まとめ

今回は二重手術の埋没法に関しての記事を書いていきましたが如何でしょうか?当サイトでは二重手術について詳細な情報を掲載していきますので是非参考にしてみてください。