脂肪吸引記事メイン画像

特に夏になってくると、おなか周りのポッコリおなか、おなかの脂肪はとてもきになりますよね。
脂肪がつく原因を理解したり、脂肪吸引について学んでいきましょう。

そもそも脂肪はなぜついてしまうのか

活動することによって体は毎日エネルギーを消費します。毎日体が使った消費カロリーよりも多くのカロリーを食物から体内に取り込んだ時に、脂肪が付きます。もっと詳しく説明すると、脂肪の細胞が余ったエネルギーを取り込んで大きくなります。脂肪細胞の個数が増えるというよりも一つ一つの細胞の大きさをコントロールすることができれば、ぽっこりとしたおなかの脂肪ともおさらばすることができます。

テレビでよく聞く脂肪吸引とは何か?

ダイエットと脂肪吸引で痩せようとするのは大きく異なります。
ダイエットでは、脂肪細胞が取り込むカロリーよりも消費するカロリーを増やすことで、脂肪の一つ一つを小さくします。
一方脂肪吸引では脂肪細胞の大きさを変えるのでなく、脂肪細胞の絶対数を減少させます。
吸引によって脂肪の数を減らせるとは現代の科学の進歩はすごいですね。

脂肪の数を減らしてしまっても大丈夫と思う方もいらっしゃると思います。
脂肪吸引ではLFDと呼ばれる脂肪の層を除去します。このLFDと呼ばれる脂肪の層では普段、運動やエクササイズによって脂肪の大きさを変えることはほとんどできません。
このLFDと呼ばれるには、血管と神経がないので、脂肪を除去したとしても体に特に問題はありません。血管と神経がないLFDの他にも脂肪吸引では皮下脂肪と呼ばれる部分も取り除きます。皮下脂肪は私たちが手で触ることができる部分の脂肪です。余談ですが、皮下脂肪は食事制限のみでなくすことができる訳でなく、運動もしないと取り除くことができないのが特徴です。

脂肪吸引の前に覚えておきたいこと

脂肪吸引はあくまで今ある脂肪を取り除くことです。
もし、脂肪を取り除いたとしても、運動をしなかったりカロリーを多く体に摂取し続けると、また脂肪がおなかについてしまいます。そうならないためにも、脂肪吸引の前に、自分の食生活や毎日の生活習慣を見直したいところです。

11種類の脂肪吸引について

脂肪吸引は脂肪を吸引する場所によって予算が異なります。また方法もたくさんあるので、皆さんにご紹介いたします。

ベイザーリボ

ベイザーと呼ばれるエネルギーの振動によって、脂肪組織を取り出す医療装置です。
この装置の素晴らしいところは、脂肪の周りの組織にある、血管や神経を気づ付けることなく、施術が行えるところです。装置によって取り出された部分はカニューレで吸引して取り除きます。また痛みや腫れが少ないのが特徴です。
また今までの技術で取り除くことができたなかった脂肪も除去することができます。

ベイザーハイデフ

ベイザーリボとベイザーハイデフの違いは簡単に言うと
ベイザーリボは脂肪を除去する技術、ハイデフはきれいにデザインする技術です。
脂肪がなくなったからといってきれいなおなかになるとは限りません。
女性のモデルさんはよく、おなかの縦割れ線が入っています、また男性のモデルさんはよく6つにきれいに割れていますよね?ベイザーハイデフはモデルさんのようなお腹にしてくれる技術です。

シリンジ

シリンジとはシリンジ脂肪吸引と呼ばれ、手動での吸引を行い器具の事です。
機会の吸引器を使用することは有りません。これは、他の吸引器よりも細いので、傷跡が残りにくいです。

チューメセント

出血や痛みが少ないことがこの施術の特徴です。
痛みが少ない理由は、リドカイン溶液と、エピネフリンのお蔭です。
リドカインは痛みを和らげる麻酔のような働きをしてくれます。またエピネフリンは止血作用があります。
これら二つにより、従来輸血が必要になる場合がありましたが、輸血の危険性がなくなりました。また、このチューメセントを基礎としていろんな脂肪吸引に応用されています。
余談ですが、チューメセントの意味はふやかすです。

ハイパーインフレ―ト

簡単に言うとチューメセントをグレードアップさせたものだと思ってください。
特徴として一番違うのは、チューメセントでは表面的な部分でしか脂肪を吸引できていませんでしたが、深い部分の脂肪層でも脂肪をとれるところです。
安全性も非常に高いのが特徴です。
一番気を付けないといけないのは、施術には経験と高い技術が要求されるところです。
医者選びに気をつけましょう。

エルコーニアレーザー

アメリカで人気の施術の一つです。弱いレーザーを脂肪吸引時に脂肪組織に当てます。
そうすることで、脂肪細胞がドロドロになります。運動や食事制限で減らすことが難しかった脂肪を除去することができます。
レーザーを使用することで体への負担が低いこと、痛みの心配がないのがメリットです。
レーザーも熱くないので心配いりません。
エルコーニアレーザーは聖心美容クリニックにおいて日本で初めて導入されました。
→こちら

対外式超音波

その名の通り超音波を当てることで、脂肪の組織を破壊したり、脂肪を取れやすくします。
軟らかくなった脂肪を吸引して除去します。除去した脂肪を脂肪注入の際に再利用できるのが大きな特徴です。
気を付けないといけないリスクとしては、超音波を当てた時に、皮膚が火傷を起こす場合があることです。

PAL

1分で3000回以上振動する機器によって脂肪を取れやすくします。その後にカニューレを使用して、脂肪を除去します。大きな特徴としては、脂肪の組織を破壊しません。
体への負担が少ないことも大きなメリットです。
デメリットとしては、医師の技術によって、差が大きく出てしまいます。技術がない意志だと、表面が滑らかに仕上がらず不自然になります。
ここ最近になって、この施術を聞くようになってきました。

ボディジェット

ウォーターアシスト脂肪吸引とも呼ばれます。
特徴としては、麻酔と止血剤が入った水流を当てます。はがれた脂肪をカニューレによって取り除きます。幅広く止血剤と麻酔が広がることの安全性が高く、また痛みも少ないです。痛みや内出血も少ないのがうれしいです。

ウルトラゼット

超音波によって、脂肪の組織を破壊し、脂肪を吸引します。通常の超音波の施術との違いは、体への負担を軽くしていることです。詳しく言うと、通常の超音波の施術では内出血が出やすかったり、皮膚にでこぼこができたりしますが、ウルトラゼットはそれらが大幅に改善されています。

ボディタイト

ラジオ波を発生させ、熱によって脂肪を溶かし、脂肪を吸引します。
脂肪を除去するだけでなく、皮膚のたるみを抑えることもできるのがメリットです。
施術時間が非常に短いのも特徴で、出血や腫れを抑えることができます。
この施術もドクターの技術によって施術結果に大きな差が出てしまいます。